アウトレプレナーズ 01 株式会社KTX 野田太一社長<最終回>

答えはひとつではない。思い込まずに小さく始める


「じゃない方事業」は今後も、身近にある些細な疑問を取り上げていくという。
ただし、あくまでも“小さく”だ。

既存の事業を大切にしながら、まずはできるところから始めていくんです。新規事業では、いきなり大きな投資をせずに、まずは小さく始めて様子見。そしてさまざまなアイデアや方法をみんなで出し合いながら大きく育てていくんです

 最初から大きな事業転換を見込まず、手近な問題をコンパクトにスタートさせる。初期投資が少なければ、たとえうまくいかなくても痛いリスクを負うことは避けられるからだ。
そして、思いつく限りの方法をいくつも試す。自分一人では思いつかずとも、若手や他職種、外部など、アイデアの出どころはたくさんある。そしてアイデアがあるだけでは意味がなく、それを小さくでもかたちにしていくことにこそ意味があるのだ。
「これしかない、これしかできない」と思い込まず、やれることをひとつずつ吸い上げてはこまめに挑戦していくことが大切だ。

「大きなことをいきなり始めるのではなく、まずは小さく始めてみることが大切」と野田氏。
「じゃない方事業部」の今後の展開に期待が持てる。

例えるなら、新規事業は山登りと同じです。普通なら、山を登るためには、まず麓からコツコツ登っていかなくてはならないと思うでしょう。
しかし、本当にそれしかないでしょうか?目線を変えればもっと広くて舗装された道が見つかるかもしれないし、なんならヘリコプターで一気に頂上に行くことだってできる。
無理だ、できないと思い込まず、まずはやってみることが大切だと思います。そうした気概こそが、大手にくらいつくための神の一手になり得るかもしれません

 始めるなら、今。思い込みの殻を破った先には、未知の可能性があるはずだ。

<会社情報>
KTX株式会社
アクセス:愛知県江南市安良町地蔵51番地
電話番号:0587-54-5131
名古屋営業所(じゃない方事業部 営業部):愛知県名古屋市中村区亀島2-1-1新名古屋センタービル清正公街118

目次
閉じる