メンバー

メンバー紹介

鳥羽 伸嘉 ピノベーション代表取締役/MBA

米国の大学を卒業後、父親の経営するものづくり企業に事業承継候補として入社。即日出向し、製品設計の会社で自動車部品や白物家電の製品設計を行う。父親の会社に復帰後、事業開発を任され、様々な製品やビジネスの立ち上げを国内外で行う。2016年に父親の会社を辞し、ピノベーション株式会社を創業。中国深圳エリアの工場と提携してファブレス製造業を行いながら、日本国内ではものづくり企業の新規事業を外部から共創する「アウトレプレナー(外部起業家)」を展開。2018年から製造業向けIoTソリューション「カウンティット」やAIを搭載した検査カメラ「チェキット」を開発。製造業のためのスタートアップとして2021年、経済産業省事業 J-Startup Centralに採択される。2019年グロービス経営大学院卒業(MBA)

鵜飼 幸子 ピノベーション取締役/MBA

大学を卒業後、化学薬品メーカーの研究所にて製鉄・金属加工の基礎技術研究、生産技術に関わる各種薬剤の開発に携わる。 学生時代から50カ国を旅して歩き、さまざまな価値観・歴史・環境に触れるうちに、世の中の【価値】とは何かを考えるようになり、2015年経営大学院へ。2016年、”本当に必要なモノコトを最適な価格で提供し、社会に新しい価値観を創造する”を志に、ピノベーション株式会社を創業。2019年に資金調達を経験し、2020年から、全国の個性あふれる起業家を発掘し1社でも多くの公開会社を育てる、を理念とする特定非営利活動法人インデペンデンツクラブの名古屋支局長としても活動。 2019年グロービス経営大学院卒業(MBA) 2021年書籍「提案のための問題解決思考」 出版

小林 延光 コミュニティーマネージャー MBA

名古屋大学卒業後、個別指導塾に塾長として入社。20代は教育に没頭した。決められたテスト範囲をとにかく暗記して、テストで良い点を取れば評価される『詰め込み教育』の限界を感じた。新たな教育の形を子どもたちに提供することを心に決め退社。起業準備として、経営知識や実務経験を積むべく、美容機器の製造業や製造業のホールディングスで経営管理に携わる。会社の機関設計や各種制度設計をコアスキルとして身につけた。2017年より教育を軸足に個人事業主として独立。中学生向けメンタリングサービス『夢を叶える家庭教師』や、小学生向けでライフスキルを身につけるワークショップを展開する『ジュニアリーダーアカデミー』を立ち上げる。weekdayは縁のある会社で、事業責任者・経営企画業務・社長秘書・壁打ち役と経営層とダイレクトに関わるフリーのビジネスパーソンとしても稼働している。2019年3月グロービス経営大学院修了(MBA)

小笠原 わみ テクノロジスト

学生のころから様々な電子回路を開発、開発したものを実店舗で販売などを行う。 その経験を活かし、卒業後ロボット開発からIoT機器の開発、少量量産などを経験した。 その後独立し新規事業のサポートをメインとする、会社を立ち上げた。 ピノベーションではその強みとする新規事業で必要な技術的なサポートや開発を行っている。